119番通報について

119番通報には、電話及びFAX等の方法があります。
正しい通報要領を理解しましょう。
消防署につながると「消防119番です。火事ですか、救急ですか?」とお尋ねします。
職員が尋ねることに、落ち着いてはっきりお答えください。

通報要領 正しい119番通報について

 火災や救急・救助などの災害は、初期の対応が重要です。発見や目撃したときには、すぐに「119番」へ通報してください。受話器をあげ、局番なしで「119」です。場所がわかれば通報を聞いている最中でも、消防車や救急車は出場します。

自宅の電話から
119番通報をするときは、次の手順で連絡してください。

1.「火事」か「救急」か「救助」かを伝えてください。
2.住所を、「町名」「番地」まで伝えてください。
3.近くの目印になる「目標物」を伝えてください。
4.電話番号と氏名を伝えてください。
5.職員の質問に、落ち着いて正確に答えてください。
携帯電話から
 携帯電話から通報する場合は、通報が途切れたり、切れたりする恐れがありますので、場所を移動せずに通報してください。通報は上記の手順通り行ってください。
 携帯電話で行う119番通報は、直接、宮津与謝消防組合消防本部につながります。しかし、通報する場所や電話会社のアンテナの位置になどによって、他の消防本部につながる場合があります。その場合は、宮津与謝消防組合消防本部に転送され、転送中は無音となりますが、電話を切ったり、移動したりしないでそのまま待ってください。

通報要領 FAXによる通報

FAX119通報
 耳や言葉が不自由な方が、火災や急病などで消防車や救急車が必要な緊急時にFAXを用いて消防署に通報していただくシステムで、事前に登録されてる方が対象です。