#7119について

救急安心センターきょうと(♯7119)について

 急なケガや病気をして「救急車を呼んだが方がいいか」「今すぐに病院に行った方がいいか」など、判断に迷った場合に専門家からアドバイスを受けることができる電話相談窓口『救急安心センターきょうと(♯7119)』が令和2年10月1日から運用が開始されています。


利用方法

 「救急車を呼んだ方がよいか」、「今すぐ病院に行った方がよいか」など、判断に迷ったときに、「♯7119」に電話することで、救急の電話相談をすることができます。
 救急安心センターきょうとでは、看護師等が電話口で傷病者の状況を聞き取り、「緊急性のある症状なのか」や「すぐに病院を受診する必要性があるか」等を判断します。
 相談内容から緊急性が高いと判断された場合は、迅速な救急出動につなぎ、緊急性が高くないと判断された場合は受診可能な医療機関や受診のタイミングについてアドバイスを行います。
 また、「体調が悪いけど、どこの病院に行ったらいいか」といった相談に対しても、受診可能な医療機関を紹介します。

電話番号:#7119(または0570-00-7119)
利用時間:24時間(年中無休)


迷わずに119

・呼吸をしていない
・意識がない
・大量に出血している
 など緊急と感じたら、迷わず「119番」通報して下さい!


関連ファイル

 

その他

 休日・夜間に子どもが急なケガや病気をしてどうしたらいいか判断に迷った場合、小児科医師や看護師に相談できる「#8000」をご利用ください。

 電話番号:#8000(または075-661-5596)
 利用時間:午後7時~翌朝8時
 ※土曜日(祝日、年末年始を除く)は午後3時から翌朝8時

 リンク:厚生労働省ホームページ