ようこそ、宮津与謝消防組合消防本部の公式ホームページへ!



ホーム > 生活安心情報 > #7119について 



所在地
組織
管轄区域
消防署・分署
統計
職員採用
公報・公表
規約・例規
連絡先一覧
お知らせ



119番通報について
Net119について
#7119について
消火器について・・・(一社)日本消火器工業会
応急手当と心肺蘇生
AEDの貸出しについて
表示制度について
火災予防条例の改正
事業主の方へ
火災予防情報部屋
消火器点検アプリ(試行版)
住宅宿泊業を始める前に



指令係
予防係
警備係
救急係
庶務係



救急関係
防火管理関係
危険物取扱い関係
消防設備関係
その他



ペーパークラフト
ぬりえ
住宅防火対策ゲーム



災害情報自動案内

災害発生に伴うお問い合わせは
0772-46-6123
を、ご利用ください。

更新情報




 急なケガや病気をして「救急車を呼んだが方がいいか」「今すぐに病院に行った方がいいか」など、判断に迷った場合に専門家からアドバイスを受けることができる電話相談窓口『救急安心センターきょうと(♯7119)』が令和2年10月1日から運用が開始されます。

 「救急車を呼んだ方がよいか」、「今すぐ病院に行った方がよいか」など、判断に迷ったときに、「♯7119」に電話することで、救急の電話相談をすることができます。
 救急安心センターきょうとでは、看護師等が電話口で傷病者の状況を聞き取り、「緊急性のある症状なのか」や「すぐに病院を受診する必要性があるか」等を判断します。
 相談内容から緊急性が高いと判断された場合は、迅速な救急出動につなぎ、緊急性が高くないと判断された場合は受診可能な医療機関や受診のタイミングについてアドバイスを行います。
 また、「体調が悪いけど、どこの病院に行ったらいいか」といった相談に対しても、受診可能な医療機関を紹介します。


 電話番号:#7119(または0570-00-7119)
 利用時間:24時間(年中無休)

 ・呼吸をしていない
 ・意識がない
 ・大量に出血している
  など緊急と感じたら、
迷わず「119番」通報して下さい!
  京の救急受診ガイド リーフレット

 休日・夜間に子どもが急なケガや病気をしてどうしたらいいか判断に迷った場合、小児科医師や看護師に相談できる「#8000」をご利用ください。

 電話番号:#8000(または075-661-5596)
 利用時間:午後7時〜翌朝8時
     
※土曜日(祝日、年末年始を除く)は午後3時から翌朝8時

 リンク:厚生労働省ホームページ




  このサイトについて

ホーム | 消防本部情報 | 消防の仕事 | 講習案内 | キッズコーナー

宮津与謝消防組合消防本部
TEL:0772-46-6119 FAX:0772-46-6120
Copyright (C) 2009 Miyazuyoza FireDepartment All Right Reserved.