ようこそ、宮津与謝消防組合消防本部の公式ホームページへ!



ホーム > 生活安心情報 > 応急手当と心肺蘇生


 1.倒れている人を発見したら、安全を確認して近づく(周囲、上方)
周りにどんな危険があるかわかりません。
まずは
自分の安全が大事です!


 2.反応を確認する
ここから手当ての始まりです。
頭側の手を額(ひたい)に当て、肩口を叩きながら、耳元に呼びかけます。
「もしもし、大丈夫ですか。」「わかりますか。」など





目を開けない

しゃべらない

動かない

つまり、

反応がない!!







 3.助けを呼ぶ
反応がなければ大変なことが起こっています。すぐに、手を振って周囲の人に助けを求め
119番への通報AED(自動体外式助細動器)を持ってきてもらうよう依頼します。
(1人の時は優先的に自分で119番通報に行きます。)


人を集めて

あなたは119番通報をお願いします。

あなたはAEDを持ってきてください。

指名します。






 4.空気の通り道を確保します。(軌道の確保)

肺へ空気が入りやすいように通り道を作ってやります。
額(ひたい)の手はそのままで、もう一方の手の人差し指と中指の2本であご先を突き上げます。
【頭部後屈あご先挙上法(とうぶこうくつあごさききょじょうほう)】


倒れて反応がない人は舌が落ち込んでいます。(反応がない人は、前進が脱力しているのを想像できます。舌も同じです。)気道の確保をして空気の通り道を作ります。
舌は下あごの骨に付いています。下あごを持ち上げることで解除することができます。

 5.呼吸の確認

正常な呼吸(普段と変わらない呼吸)をしているかを10秒以内で確認します。
気道を確保しながら、顔を胸の方に向け、耳とほほを相手の口と鼻に近づけます。




目で
胸とおなかを見て

耳で
吐く息の音を聞いて

ほほで
吐く息を感じて









 6.人工呼吸を実施

正常な呼吸(普段と変わらない呼吸)ではなかったり、呼吸がよくわからない場合はすぐに人工呼吸を実施する。
(出血や吐物などでどうしてもできない場合は実施しなくてもかまいません。)
額(ひたい)に当てた手をずらして鼻をつまむ、相手の口を自分の口で塞ぎ、空気が漏れないようにして息を吹き込む。





約1秒で


軽く胸がふくらむ程度


2回」実施する。









 7.胸骨圧迫(心臓マッサージ)を実施

2回の人工呼吸が終わるか、人工呼吸を実施していなかったら、すぐに胸骨圧迫を開始します。
乳頭と乳頭を線で結んだ真ん中に、片方の手の根本(手の平の付根付近)を置き、もう片方の手を重ねて指を組みます。
肘をまっすぐに伸ばして、胸に置いた手の根本に力がかかるようにして圧迫します。

4〜5cm胸が
沈み込むよう
強く」圧迫します。

テンポは「
早く
100回/分
ペースで

30回連続して
絶え間なく
実施します。

圧迫を緩めるときは
胸が元に戻るまで
十分に圧迫解除
します。






心肺蘇生の中断は、救急車が到着するか、倒れていた人に目的のある仕草(顔をしかめたり、手で払いのけようとしたり、言葉を発したり)があったとき、もう一つは自分の命に危険が迫ったときです。それ以外の時は勇気を出して応急手当をやってください。





  このサイトについて

ホーム | 消防本部情報 | 消防の仕事 | 講習案内 | キッズコーナー

宮津与謝消防組合消防本部
TEL:0772-46-6119 FAX:0772-46-6120
Copyright (C) 2009 Miyazuyoza FireDepartment All Right Reserved.